【tdr1666】ウエスタンリバー鉄道には3つ駅がある

東京ディズニーランドのアドベンチャーランドから始まり、クリッターカントリー、ウエスタンランドを巡るアトラクション「ウエスタンリバー鉄道」

移動手段ではなく、パーク内を巡るアトラクションであるため、乗り降りできる駅は1か所だけなのですが、実際は3か所に駅が存在しています。

ひとつはアドベンチャーランドで乗り降りする駅。

もうひとつは出発してしばらくすると右手に見えてくる乗り換え駅(という設定の)「スティルウォーター・ジャンクション」

そしてもうひとつがビッグサンダ―・マウンテンに差し掛かるところにある廃駅「ダスティベンド・デポ」です。

「スティルウォーター・ジャンクション」は車内アナウンスでも触れられるのでご存知の方も多いかと思いますが、もうひとつの「ダスティベンド・デポ」は割と知られていません。

それもそのはず、この駅が見えるタイミングが暴走機関車と大きな恐竜の骨が飛び出している場所で、駅はこれらの反対側(進行方向右側)にあるため、殆どの人が見ていないのです。

ちなみに「ダスティベンド・デポ」を直訳すると「埃まみれの曲がり角倉庫」

名前から察するにビッグサンダ―・マウンテンで採掘された金・鉱物を運搬する駅だったのでしょう。

みなさんもウエスタンリバー鉄道に乗車の際は確認してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る