【tdr0719】「イッツ・ア・スモールワールド」にある人形・動物は何体あるの?

世界各国のディズニーパークにあるボート型アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」

その名の通り、アトラクション内に「小さな世界」があり、各国のイメージに合わせたオブジェや人形、動物などを眺めながらボートで進んでいくアトラクションで、東京ディズニーランド開園当時から老若男女に愛され続けています。

さて、このアトラクションの一番の見どころと言えば、やはりディズニーが誇る技術「オーディオアニマトロニクス」

「オーディオアニマトロニクス」とは、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングが開発したロボットのことで、コンピューターにより、その動作と音声が同調するように制御されています。

実は「イッツ・ア・スモールワールド」内にある人形や動物は、この「オーディオアニマトロニクス」によるもので、その数は人形型が約300体、動物型が約250体もあるのです。

それだけの数のロボットをコンピュータで制御しているとは・・・ディズニーの技術は凄いですよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る