【tdr0617】リニューアルオープした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」のココが凄い!

2014年9月8日にリニューアルオープした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」

新しい「ジャングルクルーズ」には探検ムードを盛り上げるミュージック演出や、夜間の幻想的なライトアップが加わります。今日は、より楽しくより神秘的に変身した「ジャングルクルーズ」について紹介します。

このアトラクションは新しい「お守り」が飾られたボートに乗り、さまざまな動物がいるジャングルへと出発します。このとき、ボートの中には新しくミュージック演出が加わり、動物とのそれぞれのシーンに合ったBGMで探検ムードを盛り上げてくれます。

もちろん、トーク力抜群で聞いているだけで楽しい船長トークは健在です。

これまでおなじみだったワニやゾウなどの動物を見ながら進んでいくと、突然船長が慌て出します。すぐそばではゴリラが、人間が置いたままにしていたピストルで遊んでおり、なんとボートに向かって発砲してしまうというシーン。

いきなりドキドキさせられます。

その後アフリカ大草原に進み、キリンやライオンなどの動物が現れます。

ディズニーらしいBGMが流れる中ボートは進んでいき、急に目の前に巨大アナコンダが顔を出します。以前はニシキヘビだったものが、今回のリニューアルで新しくアナコンダへとバトンタッチし、更なる迫力に圧倒されるばかりです。

アフリカ大草原を抜けると、カバのいる湿地帯に進みます。

ここには新しく霧の演出が加わり、船員の不安をあおります。

湿地帯を進んでいくと、船長が荒れた遺跡を発見。

遺跡に進もうとすると、入口でこちらに威嚇するコブラが現れ、さらにスリリングな雰囲気を演出しています。船長も怖々としながら、ボートに飾られたお守りを信じ神殿へと入っていきます。

そしてこの神殿で、リニューアル後に新しく加わった演出が。

この演出が今までとは全然違う「ジャングルクルーズ」となっていますので、大注目です。

きっと驚きの展開となるでしょう。

最後に神殿を出ると、明るいBGMとともに楽しそうなゾウたちがいるエリアに入ります。ここにはカラフルな花や日光を表した照明が、明るく元気な雰囲気を演出。最後のお楽しみセールスマン・サムもこのリニューアルで商品をリニューアルしていますよ。

そして今回のリニューアルの大目玉ともいえるのが「ナイトクルーズ」

日が暮れて薄暗くなってくると、夜限定の演出へと変化し、素敵なナイトクルーズを楽しむことができるのです。

まずボートが出発すると、目の前を蛍の優しい光が包みます。

アフリカ大草原や湿地帯などを進むときには、ボートは月明かりに包まれ、よりムードを高めています。さらにワニの目は不敵に光り、ゾウやカバたちもライトアップされています。

スリルなシーンはよりスリルに、神秘的なシーンはより神秘的に幻想的に演出されるのです。

このナイトクルーズの演出は、園内の外灯がつき始めるころに始まります。もちろん、完全に日が落ちてしまってからのナイトクルーズは昼間とは全然違う雰囲気となります。

船長トークの内容も実は夜バージョンに変化するとのこと。

そしてこのリニューアルでもう一つ新しくなるのが「プレショーエリア」

ボートに乗るまでの順番待ちの間も、退屈せずに楽しく過ごしてもらいたいということで新しくリニューアルされます。

入ってすぐにある船長同士の連絡ノートは自由に見ることができ、しかも内容が面白くてハマってしまいそうです。

壁にはジャングルクルーズで探検した船員からの手紙や忘れ物などが飾られています。手紙はいろんな言語のものがありますので、日本語の手紙を探して読んでみても楽しいですよ。

進んでいくと、船長達の休憩室があり、船長達が遊んだチェスなどが残されています。

壁には英語で船長達のランチメニューが1週間分張り出されているのですが、是非辞書で調べてみてください。実はこのメニュー表には、驚きのメニューがたくさん書かれているんです。

ほかにもジャングル全体の地図やジャングルで生活する動物植物の絵なども飾られており、これからのグルーズをより楽しみにさせてくれます。

そして耳を澄ませると船長達がDJを務めるラジオ番組も流れています。

このように、よりドキドキと楽しむことができるようになっただけではなく、昼と夜とで変わる演出や、ボートに乗り込むまでのワクワク感も楽しめます。

ただ乗っているだけではないというこの参加型アトラクションも、より深く楽しむことができるようになるというわけです。

是非明るい時間帯と暗い時間帯の二度、新しくなったジャングルクルーズに挑んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る