【tdr0249】動物が多いアトラクションは一体なに?

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで活躍する多くのキャラクターたち。

ミッキーマウス、ミニーマウスをはじめとした、ディズニーキャラクターのほか、名前のないキャラクターなど、あちらこちらで見かけることができます。せっかくディズニーパークへ遊びに来たのだから、有名なディズニーキャラクターを見ることができればテンションが上がりますよね。

ですが、ディズニーキャラクターばかりがディズニーパークを彩っているわけではありません。特に動物の存在はとても魅力的。様々な動物たちをアトラクションなどで見ることができます。

では、そんな動物たちをたくさん見ることができるアトラクションとは一体何でしょうか?

答えは「イッツ・ア・スモールワールド」

世界中のディズニーパークに存在する、テーマソング「小さな世界」で有名なアトラクションですね。実は、このアトラクション内には約550体の小さなフィギュアの他、オーディオアニマトロニクスで精巧に作られた250体の動物が飾られているのです。

世界各国を表現するためとはいえ、それだけの数のフィギュアとオーディアニマトロニクスを用意するとは、流石ディズニーですよね。

因みに、「イッツ・ア・スモールワールド」の次に動物が多いアトラクションは「ジャングル・クルーズ」。ジャングルを舞台にしたアトラクションですから、当然と言えば当然ですね。

ディズニーパークではつい有名なキャラクターに目を奪われてしまいがちですが、こうした縁の下の力持ちである動物にも注目してみてはいかがでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る