【tdr0616】ホテルミラコスタの「ガレオン船(ガリオン船)」の重さが凄い?

東京ディズニーシーの敷地内に建ち、ディズニーホテルとしては「ディズニーアンバサダーホテル」に次いで2番目となる日本初のディズニーパーク一体型ホテル「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」

宿泊部屋によっては東京ディズニーシーを一望でき、宿泊せずにレストランを利用することもできるディズニーファンから大好評のホテルです。

さて、そんなホテルミラコスタのロビー中央には、ミッキーマウスがキャプテンを務める「ガレオン船(ガリオン船)」のブロンズ像が飾られています。

モデルは15~16世紀に登場した帆船の一種「ガレオン船(ガリオン船)」

複数の帆柱に張られた帆に、なびく旗・・・今にも海へ飛び出していくような躍動感あふれるブロンズ像なのですが、この重量が物凄いのです。

その重さ、なんと約2トン。

動物と比較すると、シロサイ、インドサイ、カバ1頭分に相当します。

当初、800kg程度で収まる予定だったのですが、ディテール等にこだわって制作していくうちに、使用されるブロンズの量が増えに増え、約2トンの重量になってしまったのです。

ホテルの床は3トンまで耐えられるよう施工されているため、床が抜けることはありませんが、まさかそれほど重いものだなんて思いませんよね。

ちなみに、この「ガレオン船(ガリオン船)」にはキャプテンのミッキーの他に、船首像(フィギュアヘッド)の人魚ミニーや、旗の付近で望遠鏡をのぞくドナルド、海を眺めるグーフィーなどおなじみのディズニーキャラクターが乗り込んでいます。

じっくり眺めたことがない方は、一度立ち止まってご覧あれ。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る