【tdr0585】ウォルト生誕110周年を記念して六本木ヒルズに現れた夢の空間とは

2011年12月、ディズニーの創始者「ウォルト・ディズニー」が生誕100周年を迎えました。

それを記念し、2012年4月20日から12月25日までの間、大人をターゲットにした「大人ディズニー」の一環として「あるイベント」が開催されました。

そのイベントというのが「スカイ・ドリーム・ショップ」と「スカイ・ドリーム・デッキ」です。

開催地は大人の空間「六本木ヒルズ」

52階に展開された「スカイ・ドリーム・ショップ」では、大人向けだけど可愛らしいグッズを販売。

そして、海抜270mもある日本一高い展望台「スカイデッキ」は、森田恭通氏のインスタレーションを展開。

森田恭通氏がプロデュースした「スカイ・ドリーム・ツリー」では約4,000個のスワロフスキー・エレメントが輝き、生誕110周年に合わせて110のキャラクターシルエットがハンドベルの音と共に回転し、ファンタジーな世界観を演出しました。

夢とはかけ離れた、大人の空間に突如現れた夢の世界。

現実で疲れた心を癒してくれたことでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る