【tdr1268】シーのブロンズ像に隠されたディズニーらしい演出とは

東京ディズニーシーのアクアスフィア付近には、30周年記念に米ディズニー社から贈られた“ウォルトとミッキーのブロンズ像”が設置されています。

さて、旅の始まりを感じさせる和やかなこのブロンズ像には“ディズニーらしい演出”が密かに仕込まれているのですが・・・皆さんはご存知でしょうか?

演出が仕込まれているのはミッキーが右手に持つ、「パンパンにふくれた鞄」

この鞄に貼られたタグをよく見てみると・・・

「LUGGAGE TAG(荷札)」というタグが貼られており、その部分に「No.111828」という数字が書かれているのです。

この数字はミッキーがスクリーンデビューした作品「蒸気船ウィリー」が公開された日であり、ミッキーの誕生日である“1928年11月18日”を示したもの。

まさか荷札のナンバーが誕生日になっているとは・・・流石ディズニー、なかなか細かな演出ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る