【tdr0720】「S.S.コロンビア号」の大きさは一般的な客船と同じ!?

東京ディズニーシーのテーマポートのひとつ「アメリカンウォーターフロント」には、シンボルとなる豪華客船「S.S.コロンビア号」が停泊しています。

処女航海に向かう設定で、実際は本物の客船ではありませんが、ディズニーが誇るイマジニアのこだわりが詰まったその外観はリアルそのものの大迫力。

間近で見れば、その大きさに圧倒されてしまいますが、一体どれくらいの大きさだと思いますか?

実は全長140メートルもあるのです。

これは実際の豪華客船(250~350m程度)には及ばないものの、一般的な客船(150m前後)に相当する大きさです。

ちなみに東京ディズニーランドの“水上の宮殿”である「蒸気船マークトウェイン号」は全長34メートルで、「S.S.コロンビア号」の4分の1ほどの大きさになります。

比較してみると、「S.S.コロンビア号」の大きさがよく解りますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る