【tdr0654】マクダックス・デパートメントストア前にある銅像は何?

ダッフィー・シェリーメイのグッズを多く扱っている「マクダックス・デパートメントストア」。

東京ディズニーシーの「アメリカンウォーターフロント」に位置し、ドナルドダックの叔父「スクルージ・マクダックス」が開業した人気のショップですね。

さて、このショップの正面玄関前には「ある偉人」の銅像が建っています。

その偉人とは大航海時代に活躍した「クリストファー・コロンブス」

ヨーロッパ人として初めてアメリカ海域に到達したことで有名ですが、何故この場所に建っているのでしょうか。

実はコロンブスの銅像は「メディテレーニアンハーバー」に向くように銅像が建てられています。

そして「メディテレーニアンハーバー」はコロンブスの故郷であるイタリアをコンセプトに作られたテーマポートでもあります。

つまり、イタリアからアメリカ海域に出たコロンブスが、今度はアメリカ海域(アメリカンウォーターフロント)からイタリア(メディテレーニアンハーバー)へ帰ろうと、その方角を向いているのです。

一見関係ないように思えるコロンブスの銅像ですが、知れば納得の演出ですよね。

因みに、このコロンブスの銅像が建つ円形の広場を「コロンバスサークル」といい、ニューヨークのマンハッタンにも同様の広場があります。

マンハッタンの「コロンバスサークル」は中央に大理石製のコロンブス像が建っており、周囲は車道の円形交差点。

もしかすると、この広場をモチーフにしているのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る