【tdr0567】東京ディズニーリゾートは○○の数が少ない?

東京ディズニーリゾートでは、ゲストに心の底から楽しんでもらうため、現実世界を忘れさせる配慮がなされています。

東京ディズニーリゾートは夢の国の空間であって、現実とは別の世界。

そうした演出を徹底することで、現実を忘れて心の底から楽しめるようにしているのです。

そのために、現実世界を連想させるようなものはなるだけ排除し、パーク内から外の世界が見えないように設計されています。

例えば、姿を映し出す鏡もそのひとつ。

鏡に映った「見慣れている自分」を見ることで、現実を思い出させてしまうとし、その数を極力減らしています。

そして、鏡と共に日常生活と切っても切れない「あるもの」もまた、数を抑制されているのですが・・・一体何だと思いますか?

答えは「時計」

生活するうえで時間を指し示す時計は必要不可欠なもの。

何時に起きて、何時に家を出て、何時に帰宅をして・・・と日に数回は時計を見ますよね。

パレード・ショーの時間確認や待ち合わせなど、個々の都合から意識して時間を確認したい人もいるでしょう。

そういった「意識して時計を見る」のは仕方ありませんが、ふと視界に時計が入り込み、時間を意識して欲しくないため、時計の数を減らしているのです。

これも「時間を忘れて楽しんでほしい」というディズニー側の演出といえますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る