【tdr0318】進化するオーディオアニマトロニクスの動きと技術

動物や人形の動作が音声と同調するようコンピュータ制御されている「オーディオアニマトロニクス」

ウォルト・ディズニー・イマジニアリングにより開発されたロボットで、1963年アナハイムのディズニーランドにある「魅惑のチキルーム」で初公開されました。これにより鳥や花たちが音楽に合わせて歌って踊るショーを眺めるアトラクションが成立、様々なアトラクションに用いられるようになりました。

1983年にオープンした東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」では約300体の小さなフィギュアの他、250体のオーディオアニマトロニクスによる動物が配置されています。

そして、2007年にリニューアルオープンした東京ディズニーシーの「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」

「イッツ・ア・スモールワールド」同様のボートライドタイプで、約10分かけてシンドバッドの航海を体験するアトラクションですが、ここにもふんだんにオーディオアニマトロニクスが配置されています。

その数は東京ディズニーシーで一番。

しかも、オーディオアニマトロニクスの動きがとても滑らかなのです。

それもそのはず、オーディオアニマトロニクスが初公開されてから40年以上経ちましたから、その技術が向上していてもおかしくはありませんね。

「イッツ・ア・スモールワールド」におけるオーディオアニマトロニクスと動きを比べても、20年以上の技術差が出ていることがよく解ります。

立ち留まらず、常に進化していくディズニーパーク。これから先の変化が楽しみですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る