【tdr1220】チュロスに金属探知機?人気ワゴンフードに起きた事件とは

東京ディズニーランドの名物ワゴンフード「チュロス」

棒状の細長い焼き菓子を食べ歩きながら、ディズニーパークを散策するのは定番中の定番ですよね。

さて、そんな人気のワゴンフード「チュロス」ですが、ある事件を機に金属探知機を通しての販売となりました。

実は2015年2月15日、メープルチュロスの中に「金属ネジ」が混入しているとの報告があがったのです。

不幸中の幸いか、該当のメープルチュロスを食べた人に怪我はありませんでしたが、製造・出荷の段階で混入した可能性の低さから、意図的に混入された恐れがあるとして偽計業務妨害の容疑で浦安書に被害届を提出。

メープル味のみ販売を停止し、他2種類のチュロスを金属探知機に通した上で販売するという措置がとられました。(2016年6月現在はメープル味も通常販売されています)

せっかく夢の国を楽しもうとした矢先に、買ったチュロスからネジが出てきたとなれば・・・やはりいい気持ちはしませんよね。

意図的に入れられた可能性があるというのは残念なことですが、今後このようなことがなければいいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る