【tdr1106】初めてスーベニアメダルを導入したのはどこ?

東京ディズニーリゾートの人気スーベニアの一つとして数えられる「スーベニアメダル」

「メダリオン」と呼ばれる機器に100円玉を1枚投入することで銅板を押し潰して模様を刻印した円形のメダルを作成することができ、毎月絵柄が変わるマンスリーメダルや、イースターやハロウィンなどイベントにあわせたイベントメダル、設置場所のイメージにあわせたレギュラーメダルと種類が豊富。

一枚100円と安価で購入できるため、コレクターが多いのが特徴です。

さて、そんなスーベニアメダルですが、初めて導入されたのは東京ディズニーランドのワールドバザールにある「ペニーアーケード」でした。

ペニーアーケードといえば、ワンコインで遊べるゲーム機器が20台ほど設置されているゲームセンター。

そこにメダリオンを設置したところ、反響を呼び、パーク全体へと設置箇所が拡大したのです。

ペニーアーケードは今でも1番メダリオンを設置している場所なので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る