【tdr0476】表参道ヒルズに現れたディズニーのイルミネーション

商業施設と住宅施設を兼ね備えた、東京は表参道にある複合施設と言えば・・・「表参道ヒルズ」ですね。

2006年のオープン以降、国内外の有名ブランド店が集結しているためか、一種のステータス感覚で年代関係なく、訪れる人が多い場所です。

そんなおしゃれな場所「表参道ヒルズ」で、2011年11月2日から12月25日にかけて、あるイベントが開催されました。

そのイベント名は「Dream Magic Christmas(ドリーム・マジック・クリスマス)」

ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念した、クリスマスイルミネーションコラボです。

場所が表参道ということもあってか、全体的におしゃれな仕上がりで、入口にはシンデレラでお馴染みの「カボチャの馬車」のイルミネーションが設置されました。

まるで馬車に乗ったかのような記念撮影が出来るため、記念撮影のために長蛇の列が出来るほどの人気に。

また、広場中央に飾られたイルミネーションツリーに人々の視線はくぎ付けになりました。紫がかった美しい輝きを放つイルミネーションツリーの高さは驚きの10メートル。

しかも、1万7千個のスワロフスキークリスタルが使用されているというのですから、見入ってしまうのも仕方ありませんよね。

それに加え、イルミネーションツリーの土台には「生誕110周年」に合わせて、110のディズニーキャラクターが影絵のようにライトアップされ、ロマンティックな空間を演出していました。

その美しさに、道行く人も立ち止まる状況。

東京ディズニーリゾートではない場所で、ディズニーの空間を楽しむというのも、なかなかオツなものですね。

また、このようなコラボレーションがされることを期待しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る