【tdr0464】アナハイムのディズニーランド・リゾートでは1月までクリスマス気分

東京ディズニーリゾートにとってクリスマスイベントは一年で最後の一大イベント。

東京ディズニーランドでお馴染みの「クリスマス・ファンタジー」は開園時から開催されている歴史あるイベントで、1990年までは数週間と短いイベントだったものの、今では約2か月間も行う大きなイベントに成長しました。

しかし、初代ディズニーランドのあるアナハイムの「ディズニーランド・リゾート」では「ホリデー・アット・ディズニーランド・リゾート」と称したイベントを11月から翌年の1月上旬まで開催し、その中の一環として「クリスマス・ファンタジー・パレード」を行っています。

クリスマスイベントを1月まで、というのは日本人の感覚からすると驚きですよね。

日本ではクリスマスイベントというと、様々な商業戦略も手伝って、11月から12月25日のクリスマス当日までの期間、というイメージが強いかと思います。

日本人なら「12月25日を過ぎたらクリスマスは終了、次は大晦日、年明け、お正月・・・」と意識が向きますが、欧米諸国ではクリスマスのイベントは元来1月にかけて行うところが多いため、ディズニーが1月までクリスマスイベントをしていても別におかしいと感じません。

この文化的違いがクリスマスイベント期間の違いに繋がったのでしょうね。

因みに、日本と同じアジア圏の香港ディズニーランドも、クリスマスイベントは12月25日で終わります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る