【tdr0379】ビジネス書大賞に輝いたディズニー関係の本とは?

書店ごとによって「○○大賞」といったものが決められて、店頭のポップなどで紹介されていることって、よくありますよね。

その「○○大賞」にディズニー関連の本が輝いたことがあります。

輝いたのは「啓文堂書店ビジネス書大賞(2011年)」で、本のタイトルは「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方」というもの。

タイトルだけで、どんな本か解りますね。

著者は「福島文二郎」さん。なんと、東京ディズニーランド開園の年にオリエンタルランドに入社後、24年間もの間、ディズニーの人事に携わり続けた「ディズニーの人材育成のプロ」なのです。

今は独立し、研修のプランニングやコンサルティングなどの「人材育成コンサルタント」を生業にしています。

そんな凄い人が書いた本ですから、説得力ありますよね。

因みに内容は、「どうしたらアルバイトでも最高の接客を提供できるようになるか」について書かれています。

この他にも、「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーのホスピタリティ」という本も著書しているので、気になった方は目を通してみてはいかがですか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る