【tdr0284】ミッキーマウスが空を飛んだ?「フライングミッキー」とは

1988年、東京ディズニーランド開園5周年を記念して、あるイベントが行われました。

そのイベントとは「フライングミッキー・フレンドシップツアー」

ミッキーマウスの顔を球皮(エンベロープ)にした巨大な熱気球が、シンデレラ城の前から飛び立ちました。まさにフライングミッキーとなった熱気球は16都市と富士山をめぐり、人々の注目を集めたのです。

顔を上げた先にミッキーマウスの顔があったら驚いてしまいますよね。

その宣伝効果は絶大で、当時は大きな話題となりました。

また同年、「第2テーマパーク構想」が発表されたことも相まって、この年の入園者数はそれまでの最高入園者数を大幅に上回る1,338万人を記録。

東京ディズニーランドを勢いづけたのでした。

余談ですが1988年といえば京葉線の舞浜駅が開業した年でもあります。

浦安駅からのバス輸送に依存していたアクセス状況が変化し、遊びに行きやすくなったのも影響しているのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る