【tdr1884】「リメンバー・ミー」でもあの暗号が登場・・・!?

ピクサー映画でお馴染みの暗号といえば「A113」

ジョン・ラセターをはじめ、ピクサーのクリエイター達の多くが通ったアートスクール「カリフォルニア芸術大学(California Institute of the Arts)」の教室の番号が元ネタで、ピクサー映画では至る所に使われる定番の“身内ネタ”です。

さて、この定番ネタは2017年11月22日(日本では2018年3月16日)に公開されたピクサー最新作「リメンバー・ミー」にも登場しています。

登場するのは死者の国の入国審査でのシーン。

主人公ミゲルのことについて、先祖が集まって話し合う部屋のドアに「A113」という番号がしっかりと書かれています。

いくつかある部屋のうち、この部屋に「A113」という番号が割り振られているようで、背景として違和感なく馴染んでいます。

文字は小さいですし、若干ぼやけているので見落としてしまうかと思いますが、是非チェックしてみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る