【tdr1860】シンドロームの表情にはモデルがいる

2004年に公開されたピクサーの長編映画「Mr.インクレディブル」

本作ではインパクト抜群のキャラクターが沢山登場しましたが、中でもヴィランである「シンドローム」は見た目、性格ともに印象的なキャラクターかと思います。

強烈に逆立った髪としゃくれすぎた四角い顎・・・人を小馬鹿にするようなニヤニヤした表情は、まさにヴィランに相応しい姿。

ただ、この彼の表情には実際のモデルがいます。

そのモデルとは、本作の監督ブラッド・バード。

悪役のモデルですから、ヒールレスラーなど悪っぽい人がモデルになってるかと思いきや、まさかの監督自身がモデルになっていたわけです。

監督の表情をモデリングして作り込まれているため、監督のインタビュー映像や写真などを見ていると、時折シンドロームそっくりな表情を見られることも・・・。

ちなみに、シンドローム以外にも本作では監督が声を当てているキャラや、監督の息子が声を当てているキャラ、監督の息子がモデルになっているキャラなど「監督が関係しているキャラクター」が複数存在しています。

よく知った身内・自分自身は作品の構想を練りやすいのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る