【tdr1857】「レミーのおいしいレストラン」公開記念品は“ある抗議”で発売中止になった

2007年に公開されたピクサー長編映画8作目「レミーのおいしいレストラン」

料理の才能がないシェフ見習いのリングイニと、料理の才能があるねずみのレミーのコンビがパリで一番のシェフを目指して奮闘する物語。

この公開を記念し、配給するディズニーはフランス産ワインを発売する予定でした。

物語の舞台がフランスで料理を題材にした作品ですから、ピッタリと言えばピッタリですよね。

原題「Ratatouille/ラタトゥイユ」のラベルを張り、約500ケースの発売を予定していたのですが・・・

カリフォルニアのワイン協会(ワイン・インスティテュート・オブ・カリフォルニア)からの猛烈な抗議が出たために発売中止となってしまいました。

その抗議内容とは、「ファミリー向け映画がワインとタイアップすることにより、未成年の飲酒が増える危険性があるから」というもの。

ラベルがファミリー向け映画のイラストになっていたからといって未成年の飲酒を助長するとは思えませんが、フランス産ワインの発売をカリフォルニア産のワイン協会が抗議したということで内容は察しておきましょう・・・。

ちなみに、同じくピクサー映画「Mr.インクレディブル」では、悪役の名前「ボム・ペリニヨン」が高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」を連想するとワインメーカーから抗議され、「ボム・ボヤージュ」に改名されたことがあります。

映画を作るたび、各方面への配慮をしなければならないのはなかなか神経を使いそうですね・・・。

さて余談になりますが、この「ボム・ボヤージュ」は「レミーのおいしいレストラン」にカメオ出演しています。

リングイニのデート中に出没しているので、是非探してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る