【tdr1574】「モアナと伝説の海」日本語版主題歌に監督も大絶賛?

2017年3月10日に公開されるディズニー最新作「モアナと伝説の海」

その公開を記念し、2017年2月9日にジョン・マスカー監督とロン・クレメンツ監督の来日イベントが開催されました。

ディズニー映画「リトル・マーメイド」や「アラジン」でタッグを組んだ名コンビである、マスカー監督とクレメンツ監督を迎えたイベントには主人公のモアナ役を務めた屋比久知奈さんと、モアナの祖母タラおばあちゃん役を務めた夏木マリさんも出席。

イベントでは屋比久さんが吹き替え版主題歌「どこまでもHow Far I’ll Go」を披露。

その伸びやかで力強い、澄んだ歌声が会場を包むと、マスカー監督は「日本語を話すことができなくて申し訳ないのですが、日本語がわからない私にも、感情と情熱、そして憧れという、モアナの思いすべてがちゃんと伝わってきました」とコメント。

その素晴らしい歌声を「この曲はアカデミー賞にノミネートされている曲なのですが、彼女の歌はオスカーに値するパフォーマンスでしたよ」と屋比久さんを称賛しました。

また、屋比久さんと夏木さんの演技についてクレメンツ監督は「キャスティングは非常に重要なもので、正しい声を見つけることが我々にとってのカギとなります。今回、夏木さんと屋比久の演技が本当に見事で、私たちの映画に参加していただいて非常にワクワクしています。参加していただいて、ありがとうございました」と二人の声のハマり具合、演技の素晴らしさを褒めるコメントを残しました。

「モアナと伝説の海」公開まであとわずか・・・両監督が絶賛する歌声と演技に注目ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る