【tdr1410】「塔の上のラプンツェル」フリン・ライダーはイケメンを結集させて作られた?

1410

2010年(日本では2011年)に公開されたディズニーの50作目にあたる長編映画「塔の上のラプンツェル」

その主役“ラプンツェル”の相手役と言えば、高身長でワイルドな“フリン・ライダー”です。

大きな瞳にスラッとした鼻筋の整った甘いマスクに、ワイルドな顎髭と男らしい体つきという、男らしさを兼ね備えているフリン・ライダー。実は彼“ディズニー史上もっともハンサムな男”として制作されたキャラクターなのです。

フリン制作はディズニー・スタジオで働く女性たちの意見を参考に行われたのですが、『史上もっともハンサム』にすべく、女性スタッフたちは“お気に入りのイケメン写真”を持参。

好みの男性について熱く語り合い、それらの意見を結集させてフリンが作られました。

つまり、フリンはディズニー・スタジオの女性スタッフにとって“理想の男性の集合体”というわけです。

こうして女性受けする男前なキャラクターが生まれたわけですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る