【tdr1395】『ズートピア』の音楽・映画・ドラマパロディーまとめ

1395

アメリカでは2016年3月6日、日本では2016年4月23日に公開されたディズニー映画『ズートピア』

ディズニー映画55作目となる本作は全世界興行収入10億ドルを突破する大ヒットを記録、アナ雪に続くズートピア旋風を巻き起こしました。

さて、本作にはディズニーに因んだものから、そうでないものまで沢山の隠し要素が仕込まれています

ということで、今回はその隠し要素の中から“実在する音楽・映画・ドラマ”に因んだものをまとめてみました。

【ジュディの音楽プレーヤー】

ipod nanoのような音楽プレーヤーに表示されるミュージシャン
 ・The Beagles → ビートルズ
 ・Black Sable → ブラック・サバス
 ・Catty Perry → ケイティ・ペリー
 ・Destiny’s Cub → デスティニーズ・チャイルド
 ・Ewe 2 → U2
 ・Feetwood Yak → フリートウッド・マック
 ・Fur Fighters → フー・ファイターズ
 ・Gazelle → ガゼル(ズートピアの人気歌手)
 ・Guns’N’Rodents →ガンズ・アンド・ローゼス
 ・Hyena Gomez → セレーナ・ゴメス
 ・Kanine West → カニエ・ウェスト
 ・Mick Jaguar → ミック・ジャガー

「ガゼル」の曲
 ・Try Everything(テーマ曲)
 ・Let it Goat
  →Let It Go「アナと雪の女王」
 ・Part of Your Wool
  →Part of Your World「リトル・マーメイド」
 ・Can you Feel the Fluff Tonight (assumed)
  →Can You Feel the Love Tonight(愛を感じて)「ライオン・キング」
 ・Ara-bunny Nights
  →Arabian Nights「アラジン」

【ラジオから流れる曲】
着任1日目にラジオで放送された曲は以下の通り
 ・Everybody Hurts / R.E.M
 ・All By Myself / エリック・カルメン
 ・I, Looser / ウィンストン・マーシャル

【リムジン内にあったCD】
事件を追ってリムジン内を捜索した際に発見したCDのジャケットには「JERRY VOLE」というアーティスト名とグラスを持つネズミが描かれていますが、その名前元は50年代に活躍した歌手「Jerry Vale(ジェリー・ベール)」、見た目はアメリカのジャズ歌手「フランク・シナトラ」を元に「トムとジェリー」に登場するネズミ「ジェリー」に因んでネズミ化したものと言われています。

【マフィアのボス登場シーン】
マフィアのボス「ミスター・ビッグ」が登場するシーンは映画『ゴッドファーザー』のオマージュ。

しかも、ミスター・ビッグの声優モーリス・ラマーシュによる、マーロン・ブランドー(ドン・コルレオーネ役)のモノマネはそっくり。キャラクターの仕草も酷似しているため必見。

【青い球の精製現場】
羊のドグが仕切るラボのシーンはアメリカの大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』のパロディ。ドラマで最初の麻薬製造所がバン(車)だったことから、映画では電車内が精製所となっています。

また、ドラマの主役「ウォルター」とパートナー「ジェシー」にひっかけて、ドグのパートナーの名前が「ウールター」と「ジェシー」に。因みにブルーは『ブレイキング・バッド』のキーワード。

【スター・ウォーズネタ】
ジュディが電車の車両を動かすために叩いて起動させるシーンは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、ハン・ソロがミレニアム・ファルコンを起動させたときのパロディ。

ジュディとニックが潜入するラボの一角には、『スター・ウォーズ/新たな希望』でルークたちがトルーパーに偽装した時の認識番号「TK-421」の文字。

いかがでしたでしょうか。

他にも隠れミッキーや隠れディズニーなど“隠し要素”が沢山仕込まれていますので、皆さんも“隠し要素”を探しながら鑑賞してみてはいかがですか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る