【tdr1305】「リトル・マーメイド」にディズニーと無関係の“あのキャラ”がカメオ出演している!?

アメリカでは1989年11月17日、日本では1991年7月20日に公開されたディズニー最後のセルアニメ映画「リトル・マーメイド」

公開から25年以上経っても色褪せないディズニー不朽の名作ですが、作中ディズニーとは全く関係のないキャラクターが登場していると一部で話題になっています。

問題の登場シーンは映画序盤のトリトン王が登場するところ。

「トリトン国王陛下のお出まし」のセリフ後、3頭のイルカに引かれてトリトン王が登場するのですが、この移動シーンの1カットにあろうことか、「セサミストリート」の“カーミット”が登場しているのです。

カーミットはご存知の通り、セサミストリートで人気のカエルのキャラクター。そんなキャラクターがトリトン王を待つ人魚達の集団に紛れ混んでいるのです。

時間でいうと、およそ3分40秒辺り。

トリトンの背中の左側に小さく描かれています。

さて、首回りのギザギザやシルエットはまさにカーミットのそれに似ていますが、実際のところ本当にカーミットなのか定かではありません。

ましてやこれはディズニー映画。セサミストリートとは一切関係がないため、カーミットである確証がないのが実態です。

おそらく、このカーミットと思われるカエルはスタッフの遊び心なのでしょう。

海の中で、人魚しかいない集団にカエルが紛れ込んでいる・・・これだけでも十分おかしなことですからね。

真相は明らかになっていませんが、是非皆さんもその目で確認してみては?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る