【tdr1253】「ファインディング・ニモ」のドリーは何て魚?

2003年5月30日(日本では2003年12月6日)に公開された映画「ファインディング・ニモ」

さらわれたカクレクマノミのニモと、ニモを探す父マーリンとの再会までを描いた冒険物語ですね。

さて、物語中、マーリンの旅を手助けした魚がいました。

鮮やかな青が綺麗な魚「ドリー」

忘れっぽいけど、人間の文字を読むことが出来る知能を持っており、マーリンの旅に同行して活躍していましたが・・・一体、何という魚の種類なのでしょうか?

ドリーの種類は、インド太平洋の珊瑚礁域に生息する「ナンヨウハギ」。スズキ目・ニザダイ科に分類される魚の一種で、観賞魚として人気です。

成魚は全長20cmほどで、中には30cmに達するものもいるナンヨウハギは珊瑚礁域に群れを作り、主にプランクトンを補食して生活しています。

見た目は可愛らしいナンヨウハギですが、敵を攻撃するためのトゲを尾ひれの付け根に隠し持っており、戦う時はそのトゲを横に飛び出させ、体をすり寄せるようにして攻撃するのだとか・・・意外と侮れませんね。

そんなナンヨウハギのドリーにスポットライトを当てた映画「ファインディング・ドリー」が2016年6月17日(日本では2016年7月16日)に公開。

一体どんな映画になっているのか、まだ観ていない方は是非ごらんになって下さいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る