【tdr1242】実写化ラッシュが止まらない!ディズニー実写化まとめ

ディズニーアニメ作品の実写映画はこれまでに・・・

○101匹わんちゃん(1961年)→ 101(1996年)
                102(2001年)
○ふしぎの国のアリス(1951年)→アリス・イン・ワンダーランド (2010年)
                 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年)
○眠れる森の美女(1959年)→マレフィセント (2014年)
○シンデレラ(1950年)→シンデレラ (2015年)

と、以上のタイトルが公開されてきました。

どれも実写の良さを活かした映画に変貌し、アニメにはない魅力的な作品となりましたが、ディズニー作品の実写化は留まることを知らず・・・2016年7月以降に公開を予定している実写映画がたくさん控えているのです。

以下まとめましたので、ご覧ください。

【公開を控えている映画】
○ジャングル・ブック(1968年)→(2016年4月15日/日本:同年8月11日)
・モーグリ役:ネール・セティ

○美女と野獣(1991年)→ザ・ビースト(2017年3月17日/日本:同年4月22日)
・ベル役:エマ・ワトソン

【タイトルが決まっている映画】
○101匹わんちゃん(1961年)→クルエラ(公開日未定)
※ヴィランズのクルエラが主役の物語
 
○ピーター・パン→ティンク(公開日未定)
・ティンカー・ベル役: リース・ウィザースプーン
※ティンカー・ベルが主役の物語

○白雪姫(1937年)→ローズ・レッド(公開日未定)
※白雪姫の妹が主役の物語

【タイトル未定の映画】
○ダンボ(1941年)→タイトル未定(公開日未定)
○チップとデールの大作戦(1989年~)→タイトル未定(公開日未定)
○ムーラン(1998年)→タイトル未定(公開日未定)
○リトル・マーメイド(1989年)→タイトル未定(公開日未定)
○くまのプーさん(1966年~)→タイトル未定(公開日未定)

タイトルすら公開されていない作品も多数ありますが、それよりなにより、この作品の多さに驚きですよね。

「マレフィセント」に続いてヴィランズ視点で描かれる「クルエラ」がどのような作品になるのかも大注目ですし、「ダンボ」や「チップとデールの大作戦」「くまのプーさん」のような“主役が人間ではない作品”がどのように実写化されるのかは気になるところ。

最近ではディズニー以外にも童話をもとにした実写映画がヒットしており、ユニバーサル・ピクチャーズでも「白雪姫」を題材にした「スノーホワイト(2012)」が成功を収め、続編が2016年に公開されたばかり。さらには「人魚姫」の実写化も始まり、童話の実写映画化が白熱しています。

ディズニーで「白雪姫」「リトル・マーメイド」の実写映画の制作が決まったのも対抗からか、とも言われています。

いずれにしても、どのような作品ができあがるのか楽しみですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る