【tdr0570】アリエルのお目付け役「セバスチャン」の本名はとっても長い?

1989年11月17日(日本では1991年7月20日)に公開された「人魚姫」原作のアニメーション映画「リトル・マーメイド」

地上に思いをはせる16歳の人魚姫「アリエル」と王子「エリック」との恋模様が印象的な作品です。

さて、主人公であるアリエルも魅力的ですが、そのお目付け役である蟹の「セバスチャン」も捨て置けない存在ですよね。

宮廷音楽家であるはずなのに、アリエルの父「トリトン」の命令に従い、文句を言いながらもアリエルを心配する姿が可愛らしいキャラクターですが、実は本名がとっても長いのです。

気になるセバスチャンの本名は・・・「ホレイシオ・フェロニアス・イグナシアス・クラスタシアス・セバスチャン」

一度聞いただけでは覚えられそうにないほどの長さ。何故、こんなにも長い名前になったのか、気になりますよね。

ちなみに日本語版だと「クロスティアス・セバスチャン」の部分が「カニチャン・セバスチャン」に変更されています。

ちょっとしたトリビアとして話のネタにするのもいいかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る