【tdr0387】撮影ミス?アンジェリカの髪型が一瞬で変わる

世界各国のディズニーパークで人気のアトラクション「カリブの海賊」

そのアトラクションがモチーフになったジョニー・デップ主演映画といえば「パイレーツ・オブ・カリビアン」ですよね。

2003年に一作目である「呪われた海賊たち」の公開以降、大人気シリーズとして、2014年現在、「デッドマンズ・チェスト」、「ワールド・エンド」、「生命の泉」と4部まで公開されています。

2015年か2016年には5作目の公開を予定しており、その完成が待ち遠しいですよね。

さて、そんな人気シリーズである「パイレーツ・オブ・カリビアン」ですが、作中でおかしなことが起きているシーンがあります。

そのシーンが見られるのは、4作目の「生命の泉」

ジョニー・デップ演じる「ジャック・スパロウ」と、ペネロペ・クルスが演じるジャックの元恋人「アンジェリカ」が無人島で向かい合い、言葉を交わしているシーンがあるのですが、ここでおかしなことが起きているのです。

このシーン、ひとつの会話の間にジャックの顔とアンジェリカの顔が交互に映ります。

まずは、ジャックの顔がアンジェリカの左背後越しに抜かれ、次にアンジェリカの顔がジャックの右背後越しに抜き取られています。この2つのカットが瞬時に切り替わるため、アングルは違えど映っているものは同じはずなのですが、一点だけ違う箇所があるのです。

それは「アンジェリカの左耳の部分」

ジャックの顔が映っているカットでは、アンジェリカの左耳に横髪が掛けられており、大きな耳飾りを見ることが出来ますが、アンジェリカの顔が映っているカットでは横髪が下され、耳が隠れてしまっています。

つまり、この二つのカットは連続して撮影されたものではなく、別撮りされたというわけです。

おそらく、一つ目のカットのあと、メイク直しなどの小休憩が入ったのでしょう。

そして、前のカットと同じでなければいけない髪型が変わってしまい、カットが繋がらなくなったのだと考えられます。

映画ではよくある話ですね。

ただ見ているだけなら気付かないぐらいの小さなこと。

しかし、こういう発見をすると撮影の様子が推測できて面白いですよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る