【tdr0280】ディズニーの曲が発車メロディになっている駅

電車の発車メロディは駅ごとに異なり、その土地のゆかりのある曲が流れますね。

例えば東京ディズニーリゾートのある舞浜駅では、2004年6月14日以降、1番線には「Zip-A-Dee-Doo-Dah」、2番線には「It’s A Small World」が流れています。

また、記念などで一時的に曲を変更するときがあり、25周年のときは2008年4月15日から2009年4月14日の間、1番線には「魔法の鍵~The Dream Goes On」(歌い出し部分のアレンジ)、2番線には「魔法の鍵~The Dream Goes On」(サビ部分のアレンジ)を流し、30周年記念時では2013年4月11日から2014年3月21日の間、1番線には「Happiness Is Here」(サビ部分のアレンジ)、2番線には「Happiness Is Here」(歌い出し部分のアレンジ)を流しました。

さて、東京ディズニーリゾートのある舞浜駅だからこそ、発車メロディがディズニー曲なのですが、舞浜駅以外にディズニー曲が使用されている駅があります。

その駅とは大井町駅。

お台場などの臨海副都心や、新木場駅から京葉線に乗り換えて東京ディズニーリゾートへ向かう利用する方が多い駅です。ちなみに、発車メロディがディズニー曲なのは「東京ディズニーリゾートへ向かう方が多いから」という理由ではありません。

本当の理由は、劇団四季の専用劇場「四季劇場[夏]」の最寄り駅であるから。

というのも、劇団四季の演目にディズニー作品があるからで、「美女と野獣」の公演が行われていた2011年6月21日から2013年1月27日間、発車メロディが上り線(新木場方面行き)は「ビ アワ ゲスト(おもてなし)」、下り線(大崎方面行き)は「美女と野獣」が流れていました。

また、「リトル・マーメイド」の公演とかぶせて、2013年10月25日からは上り線(新木場方面行き)は「アンダー・ザ・シー」、下り線(大崎方面行き)は「パート・オブ・ユア・ワールド」が流れています。

一見すると縁もゆかりもない駅だと思ってしまいますが、きちんとディズニーに繋がっているのですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る