【tdr0072】「リトル・マーメイド」に影響を及ぼした映画ってなに?

0072

ディズニー最後の劇場版セルアニメーション「リトル・マーメイド」。アメリカでは1989年11月17日、日本では1991年7月20日に公開され、2008年には舞台化、ブロードウェイにてミュージカルが上演され、日本においては2013年から劇団四季により上演されるほどの名作です。

実はこの名作に影響を与えた映画がありました。

その映画とは1984年3月9日に公開された「スプラッシュ」という名のファンタジーラブストーリー。映画監督に「ダ・ヴィンチ・コード」などの作品を手掛けた「ロン・ハワード」、主演にはなんと「トム・ハンクス」、「ダリル・ハンナ」を迎えた作品でした。

ここまでならなんてことのない、ただの恋物語映画を連想するかもしれません。

しかし、そうではないのです。

というのも、この作品を制作したのは「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の映画部門として設立された「タッチストーン・ピクチャーズ」。しかも、ストーリーが「現代のニューヨークを舞台にした青年と人魚の恋物語」ときたものですから、「リトル・マーメイド」とは少なからず共通点がある、というわけです。

さて、この作品の何が「リトル・マーメイド」に影響を与えることになったのか、というと、答えは人魚の髪色です。

アリエルは「赤毛」が特徴的な人魚ですが、「リトル・マーメイド」以前の人魚像というと「金髪」であることがポピュラーでした。影響を与えた映画である「スプラッシュ」においても人魚の髪色は「金髪」で、「リトル・マーメイド」を手掛けるスタッフの中にも「人魚は金髪」という意見が出るほど。

しかし、それでアリエルも「金髪」にしてしまったら、あまりに従来的で面白くないですし、何より「スプラッシュ」の人魚と外見が被ることになってしまいます。それを避けるためにも、アリエルは「赤毛」のデザインになったのです。

結果、赤毛は海の中で綺麗に映え、尾ビレの緑とマッチ。金髪では得られなかった、作画の美しさを得ることができました。もし、アリエルが金髪だったら・・・平凡なキャラクターになっていたのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る