【tdr1294】アースラのタコ足は6本!その理由とは・・・

1989年11月17日(日本では1991年7月20日)に公開されたディズニー最後の劇場版セルアニメーション「リトル・マーメイド」

ディズニー映画の第二黄金期の原点といわれた不朽の名作ですね。

さて、本作品に登場するヴィランズといえば、タコ足の魔女「アースラ」

紫色の血色の悪い肌にケバケバしいメイク、うねうねと動く不気味な足が特徴的で「まさに悪役」と言わんばかりの造形をしている彼女ですが、その足の本数はタコなのに8本ではなく、6本しかありません。

一体何故、6本で描かれたのでしょうか?

その理由は・・・「蛇のような動きを更に際立たせる」ため。

8本あると1本1本の動きが目立たなくなり、不気味な動きを表現できなかったわけです。

蛇のように執拗な動きは6本だからこそ表現できたのですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る