【tdr1027】映画「リトル・マーメイド」のアリエルとアースラの意外な関係とは

1989年11月17日(日本では1990年7月21日)に公開されたディズニー映画「リトル・マーメイド」

言わずと知れた名作「人魚姫」の物語をモチーフにした、ディズニー映画の中でも女性からの人気を集めている作品です。

さて、本作の主人公といえば、海の王「トリトン」の七人娘の末姫「アリエル」ですね。

ウェーブした赤毛、エメラルドグリーンの尾に美しい声をもった容姿端麗の人魚で、ディズニープリンセスの一人。女性ファンの多いキャラクターでもありますね。

そして、そんな美麗なキャラクターと敵対する本作のディズニーヴィランズといえば・・・かつて王宮を追放された海の魔女「アースラ」

その容姿は醜く、敵役らしいキツいメイクとうねるタコ足が印象的で、アリエルとは真逆の存在として描かれています。

美しい姫君と醜い魔女・・・正反対と言える分かり易いビジュアルの二人ですが、実は「ヒロインと敵」というだけの関係ではありません。

意外なことに、この2人には血縁関係があったのです。

先述したとおり、アリエルは海を統べるトリトン王の末姫。そしてアースラはトリトン王の姉であり、アリエルの叔母に当たるのです。

少なからず血が繋がっているというのに、罠にはめようとしたり、苦しめたりするとは・・・アースラの狂気的な性格がうかがえますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る