【tdr0890】「キャッツ」を超えた?国内最多公演回数を塗り替えた「ライオンキング」

2013年3月24日、この日、国内最多公演回数を保持していたミュージカル「キャッツ」の記録を「ライオンキング」が塗り替えました。3月24日付での「キャッツ」の公演回数は8449回、そして「ライオンキング」は24日の公演で8450回を記録したのです。

たった1回分と侮ってはいけません。

この年「キャッツ」は30周年を迎えるのに対し、「ライオンキング」はその半分の15周年。「ライオンキング」は「キャッツ」の半分にあたるスピードで、その記録を抜いたことになります。

これは驚くべき偉業です。

記録を塗り替えた3月24日の公演では、東京と大阪で同時に特別カーテンコールを開催。

そのカーテンコールの途中、閉じられていた緞帳を再びアップ。

舞台上のサバンナに太陽が昇ると、その太陽の中に「ありがとう 日本一 8450回 2013.3.24」の文字が浮かび、客席からは祝福の拍手と歓声が上がりました。

これはなかなか粋な演出ですね。

それから約2年後の2015月7月15日、「ライオンキング」は遂に、日本公演通算1万回という大記録を達成しました。

今後、この記録を抜く作品が生まれるのか、「ライオンキング」はどこまで記録を伸ばすのか、注目ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る