【tdr0415】シンデレラ城前がディズニーキャラで埋め尽くされる!?

毎年9月から10月末まで開催されるディズニーの一大イベント「ディズニー・ハロウィーン」

東京ディズニーランドでは1997年から、東京ディズニーシーでは2008年から開催されるようになり、2000年代以降はディズニーの秋の大イベントとして定着しました。

このイベントの醍醐味といったら、何といっても「仮装」

2002年から「ゲストがディズニーキャラクターに仮装できる日」が設けられ、その日に限り、ゲストは趣向を凝らした全身仮装姿でインパークすることができるようになりました。

さて、「全身仮装でのインパークOK期間」中の東京ディズニーランドでは普段見ることのできない光景を見ることが出来ます。

その光景を見ることができるのは、東京ディズニーランドのシンボル「シンデレラ城」前の広場。

この広場に、仮装姿のゲストたちが集結するのです。

それぞれ、持ち得るだけの力を注ぎ、趣向を凝らしたであろう見事な仮装姿をしているゲストたち。目にも鮮やかなゲストたちが、数百単位で集まるのですから、その光景は圧巻です。誰がゲストで誰がキャストなのか、一見しただけでは分かりません。

仮装したゲストの中には、写真を撮り合い、交流する人たちもいます。

仮装したキャラクターで互いの好みが一目瞭然ですから、コミュニケーションがとりやすいのでしょう。

まだ仮装した経験がないのであれば、勇気を出して参加してみるのもいいかもしれません。ただし、ディズニーとは無関係な仮装をしたり、ルール違反したりすることのないようにしましょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る