【tdr0139】キャラクターウォッチの元祖「ミッキーマウスの腕時計」は宇宙にも羽ばたいた?

ミッキーマウスがデビューした数年後の1930年代初頭、世界は第二次世界大戦に向け、殺伐としていました。このときウォルト・ディズニーは、「もっと世界中の子どもたちにミッキーマウスを通じて夢やメッセージを届けたい」と思い、ミッキーマウスの腕時計を作ろうと考えたのです。

そこで金型製法による時計の大量生産を世界で初めて成功させた時計メーカー「インガソール社」に、子どもでも買えるような安価な腕時計の開発を依頼。そして約2年の開発期間の末、ようやくミッキーマウスの腕時計が誕生しました。

ただミッキーマウスが描かれているような単純なものではなく、ミッキーマウスの腕が時針と分針となって時間を指し示し、円盤状の秒針には3匹のミッキーマウスが動く細工になっていました。

そして1933年のシカゴ万国博覧会で初披露され、そのユニークな造りから大きな話題を集めることになりました。キャラクターが腕の中で動き出す、この今までになかった腕時計は子供のみならず、大人にも好評を受け、2年という短い間に250万本も売り上げるという快挙を記録しました。

後に「ムービングミッキー」と呼ばれるようになったこの腕時計は、ディズニーとインガソール社を一躍有名にし、「キャラクターウォッチ」というジャンルが確立する結果になりました。

それから改良を重ね、長い歴史に渡り、愛されることになった「ミッキーマウスの腕時計」。愛用者の中には「ジョン・レノン」といった世界的有名人の他、アポロ7号の乗組員もいました。つまりアポロ7号が宇宙に羽ばたいたとき、一緒に「ミッキーマウスの腕時計」も宇宙に羽ばたいたということになるわけです。

世界で初めて宇宙に羽ばたいたキャラクターウォッチともいえます。

「もっと世界中の子どもたちにミッキーマウスを通じて夢やメッセージを届けたい」ウォルトの願いは、子供のみならず大人も巻き込んでいることが解るエピソードですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る