【tdr0915】「ハピネス・イズ・ヒア」でパレードデビューを果たしたキャラクターとは

東京ディズニーリゾート開業30周年を記念して2013年4月15日から開催された「ザ・ハピネス・イヤー」

同日、そのプログラムの1つとしてディズニーキャラクターをモチーフにしたフロートが登場するデイパレード「ハピネス・イズ・ヒア」がスタートし、パーク内は大盛り上がりしたのですが、実はこのパレードで初めて「パレードデビュー」を飾ったディズニーキャラクターがいます。

そのキャラクターとは・・・映画「塔の上のラプンツェル」の主人公「ラプンツェル」

果てしなく長い金色の髪がトレードマークの彼女がパレードデビューを果たしたのが、この「ハピネス・イズ・ヒア」だったのです。

ちなみに「塔の上のラプンツェル」が日本で公開されたのは2011年3月12日ですから、映画公開からおよそ2年後にパレードデビューしたことになります。

もう少し早くお目見えしても良かった気がしますが、いろいろと事情があったのでしょう。

新しい作品が公開されるごとに生まれ変わっていくパレード内容。今後、どのようなキャラクターたちがパレードを盛り上げていくのか、注目ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る